2013年12月8日日曜日

イマイチ使いづらいOpera15以降(BlinkOpera)を使いやすくしてみる


Blinkエンジンを導入して新しくなったBlinkOpera、GoogleChromeと同じレンダリングエンジンを採用したおかげで各種パフォーマンスは大幅に向上しているのですが、旧Operaに搭載されていた多くの機能が削除されてしまいました。
公開されているエクステンションを導入し、可能な限り旧Operaの機能を再現してみようと思います。


Adblock Plus
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/opera-adblock/?display=ja
コンテンツブロッカーの代替、AdblockPlusのOpera版です。
とりあえず「豆腐フィルタ」を購読しておけばOKです。

Classic Tabs
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/classic-tabs/?display=en
タブを閉じた時/新しいタブを追加した時の挙動を変更します。
新しいタブを現在のタブの右に追加
タブを閉じた際、一つ前に選択していたタブをアクティブにする
等が選択可能です。

PDF Viewer
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/pdf-viewer/?display=en
BlinkOperaではPDFを開くことができません。
PDFファイルを一々保存してから閲覧するのでは手間なので、PDFビューアを導入します。

Tampermonky Beta
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/tampermonkey-beta/?display=en
BlinkOperaでUserJSを使えるようにするエクステンションです。

LinkDragSelectionForChrome(Tampermonky Beta必須)
https://gist.github.com/Griever/5005165
旧Operaでは、リンクを左ドラッグでテキスト選択、下ドラッグでリンクをD&D可能でしたが、BlinkOperaでは左ドラッグでテキスト選択ができなくなりました。
上記UserJSを導入し、リンク中のテキストも選択可能にします。

Link To New Tab(Tampermonky Beta必須)
http://userscripts.org/scripts/show/29258
これは旧Operaの機能を再現するものではありませんが、便利なので導入。
別ドメインのリンクを開く場合、強制的に新しいタブで開きます。

PageExpander
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/pageexpand/?display=ja
こちらも旧Operaの機能を再現するものではありませんが、便利な拡張です。
画像をマウスオーバーで拡大したり、簡易2chブラウザ機能が搭載されています。

Tweet Right +
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/tweetright-2/?display=en
右クリックメニューに「このページをツイート」の項目を追加します。

DownloadChromeExtension
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/download-chrome-extensio
BlinkOperaでChromeのアドオンを利用可能にします。
ChromeのアドオンにはOperaエクステンションにはない便利なものが多いので、ぜひ入れておきたいところ。

Simple Notepad(DownloadChromeExtension必須)
https://chrome.google.com/webstore/detail/simple-notepad/ghnkdbkeniegahdcjeeikjoaapakeomf
BlinkOperaではメモ帳機能が削除されています。
旧Operaのメモ機能を完全に再現するものではありませんが、数あるメモ系アドオンの中で一番旧Operaの使用感に似ていました。

Smooth Gestures(DownloadChromeExtension必須)
https://chrome.google.com/webstore/detail/smooth-gestures/lfkgmnnajiljnolcgolmmgnecgldgeld
BlinkOperaでは、リンクを右クリック+↓のジェスチャーで新しいタブを開くことができません。
このアドオンを導入してもこのジェスチャーを追加することはできませんが、以下の設定を行うことで同じような機能を再現することが可能です。

全マウスジェスチャーを削除する
Chrome製のマウスジェスチャーアドオンを導入しても、Opera側のジェスチャーが優先されるため、マウスジェスチャーを使用することはできません。
Opera側のジェスチャーを無効化することで使用することも可能ですが、Operaのジェスチャーのほうが認識精度が高いので、私の環境ではOperaのジェスチャーと併用しています。


左クリックマウスジェスチャーを追加する
右クリック+↓のマウスジェスチャーを追加したとしても、Opera側のジェスチャーが優先されてしまうため、新しい”空の”タブを開いてしまいます。
ここでは左クリック+↓で新しいタブでリンクを開く、左クリック+↑でバックグラウンドでリンクを開くようにジェスチャーを設定します。


ジェスチャーの起動を非表示にする
デフォルトのままでは赤色のジェスチャー軌道が表示されるのですが、邪魔なので非表示に設定します。
が、「ジェスチャー軌道を描画する」を「OFF」に設定すると、左クリックジェスチャーが正常に機能しません。
「ジェスチャー軌道を描画する」は「ON」のままに設定し、「透明度」の項目でジェスチャー軌道を非表示にします。


The Great Suspender(DownloadChromeExtension必須)
Blinkエンジンを導入したことにより、Chromeと同様に大量のメモリを消費してしまいます。
数個程度のタブを開くだけなら問題ないのですが、調べ物をして大量のタブを表示させるとすぐにメモリが足りなくなります。
このアドオンを導入し、
 5min
に設定すると、5分間アクセスしていない非アクティブタブのメモリを開放するようになります。
バックグラウンドで動いてる艦これをメモリ解放してしまうと困るので、ホワイトリストに「www.dmm.com」を指定しておきます。

Auto-Translate(DownloadChromeExtension必須)
これはOperaの機能を再現するものではありませんが、便利なので導入。

Text URL Linker(DownloadChromeExtension必須)
これもOperaの機能を再現するものではありませんが、便利なので導入。
リンクになっていないテキストをリンク化します。




以上、BlinkOperaの操作性を旧Operaに似せるためのエクステンション集でした。
ブックマークはスピードダイアルで代用しています。最初は違和感がありましたが、すぐ慣れます。

BlinkOperaでは旧Operaにあった数々の機能が削除されていますが、スタッシュ機能やスピードダイアルでもマウスジェスチャが使える点(Chromeでは無理)などもあり、ブラウザの選択肢としては悪く無いと思っています。
何より、Blinkエンジンを採用したことにより、レンダリングスピードやJavaScript実行スピードが早くなったのでこれだけで旧Operaから移行する価値があります。

旧Operaに実装されていた昨日のすべてを新Operaで再実装するわけではないとのことですが、いくつかの機能は今後のバージョンアップで再実装されるみたいです。
個人的には縦置きタブ(旧Operaのウィンドウパネル)が再実装されれば言うことなしなので、今後に期待です。

Opera

1 件のコメント:

  1. 旧Operaのメモ機能を完全に再現 Firefox アドオンClippings

    返信削除